クレジット販売と手数料の始まりは?

クレジットカード利用時に発生する手数料ては、つまりカード会社の収益です。
クレジットカード会員と加盟店が増えればカード会社の利益はあがります。
クレジットカードの加盟店とカード会社の間では、クレジットカードを使った支払いのうち3~7%が手数料になるという契約が交わされています。
クレジットカードの加盟店で、カードを使った決済が10万円ぶん行われたとします。
この場合、3000円~7000円がカード会社への手数料として払われます。
クレジットカードの所有者を増やすため、カード会社では近年、年会費を無料にする、ポイントをつける、優待サービスを付加するなどしているようです。
クレジットカードは、ごく身近なものになっています。
クレジットカードの始まりは1895年、丸善という愛媛県の呉服屋が始めた月掛け売りで、田坂善四郎という人がつくりました。
クレジットカード会社に相当する部分がありませんでした。
手数料はなく、掛け売りという江戸時代の売り方に近いものだったといいます。
クレジットカードという形に行き着くまでは、チケットやクーポンなどの時代を経ています。
地域の中小小売店が集まってできた専門商会が手数料をとり、商品代金を立て替えていたようです。
手数料をもらってクレジットで販売するという形式が、1949年時点でつくられていたのです。
etcカード即日