薄毛治療のシャンプー選び

薄毛を治療するためには普段からのシャンプー選びも考えましょう。
一般に売られているシャンプーのほとんどは石油由来じの成分のシリコンシャンプーになっています。
このシリコンシャンプーですが、実は抜け毛の原因になることもあるのを知っていましたか?

このシリコンですが、髪の毛のキューティクルに付着して髪の毛をコーティングしてくれるので髪にとってよい効果があると思われがちです。たしかにシリコンシャンプーはコーティングしてくれるおかげでツヤ感がでたり、髪通りが良くなったりとサラサラな髪の毛を作ってくれます。

ですがこのシリコンはコーティングしてくれるだけで髪の毛に水分を与えたりといった保湿をしているわけではありません。
逆にキューティクルを破壊してしまうことになるのです。
髪の毛の痛みを進行させてしまったりするだけでなく、髪の毛についたシリコンが頭皮にまで付着して毛穴をふさぎ、皮脂がたまり頭皮環境を悪化させ、抜け毛を促してしまう恐れだってあるのです。

そうしたことを改善するために最近ではノンシリコンシャンプーが人気ですよね。
シリコンシャンプーを使っていた後にノンシリコンシャンプーを使うと最初はシリコンがはがれてきて、このシャンプー良くないのじゃないかと思うこともありますが、根気よく使い続けると髪の毛や頭皮環境にはとてもよいので、薄毛を治療したいと思っている人にはオススメのシャンプーです。

 

髪の悩みは自分だけのものではない

 

髪の悩みというのは本当に人それぞれ。

何も薄毛だけが髪の悩みではないということ。
髪が薄いどころか、むしろ多すぎて困っている人もいますし、くせ毛で悩んでいる人も。

多すぎてもまとまらなくていやですし、
少なすぎてもボリュームがなくて気になるものです。

薄毛・・・ウィッグや帽子をかぶるなど
くせ毛・・・ストレートパーマ・縮毛矯正
多い毛・・・縛るなど

どれも何らかの対策法があるとはいえ、やっぱり根本的に治療ができるものなら
本来の自分の髪を生かして治療して悩みを解決したいと考えるのが普通だと思います。

天然でいい感じのカールになっている人に対して
「パーマかけなくてもふわふわでいいわね」と思う人もいれば、
「まとまらない髪を扱うのが大変だし、私も風になびくクセのないつやつやストレートになってみたいな」
と思う人もいます。

ないものねだりだと言えばそれまでですが、何事も"ほどほど"にというのが1番理想ではないでしょうか。

ただ、髪が薄いことに関しては対策法や治療に関してはある意味一番方法が少ないというのが問題かもしれません。

生活環境をしっかりと見直したところで、進行して数年経ってしまっている状態でなら
自分の努力だけでは追いつかないかと。
また、薄毛の理由として遺伝的な要素が大きい人は特に自力で治療するというのは難しいでしょう。

薄毛を治療するのではなく、隠す方法として
帽子をかぶったり、ウィッグをかぶったりする方法がありますが
それでは日常生活において常に意識していないといけないというのが
なんだかストレスが溜まってしまいそうですよね。

専門医がいるところで治療して増やすという方法が、
一般的であり、治療効果も1番あると思いますが
料金の問題、期間の問題、一時的な抜け毛進行などの後遺症などのことを考えると
思いきれない人もいるのではないでしょうか。

ただ、薄毛をなんとかできる方法といえば、
やっぱりプロの力を借りて行う発毛・育毛が一番効果が実感できるはずなので、
一時的に我慢して治療を乗り越えるのか、これから一生悩み続けるのかで比べると、
勇気を出して行ってみる方がいいと思いませんか?

関連ページ